電脳せどりの価格チェックツール、基本編

目安時間:約 8分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

 

 

以前、価格チェックツールの使い方をご紹介をしました。

 

 

価格チェックツールをつかうことで、次の様な結果が期待出来ます。

 

1)市場での売価をつかみ、利益が出せる仕入れかどうか分かる。

-

---------------------------------------------------------------------

ランキング参加中。おもしろかったら応援ワンクリックを!


サラリーマン・お小遣い稼ぎ ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ

にほんブログ村

---------------------------------------------------------------------

 

 

2)どのくらいの期間で売れることを期待できるか、また、その頻度を知ることができる。

 

格安品を見つけたら、仕入れるかどうかの判断を、ツールを用いて行うことができるわけです。

 

 

しかし、価格チェックツールは万能ではありません。

 

今回は、その注意するべきポイントをお伝えします。

 

 

 

注意点1:データが完全ではない
価格チェックツールは、すべての製品のすべての日時の価格情報を網羅しているわけではありません。

 

価格チェックツールはAmazonのサーバに繋いで、情報を集めるのですが、情報量は制限が課されており、Amazon全体の何百万もの品物の、さらに毎日の価格変動を入手できないためです。

 

 

たとえば、こんな感じ。

データ不完全

 

データの取得点がまばらです。

 

折れ線のポイントが、データ取得しているタイミングなので、ポイントが無いということは、そこの時点でのデータを取得していないということになります。

 

 

 

こういうデータに対しての対処は

 

1)別のサイトでチェックする。

モノレートという先日紹介したサイトは、ユーザーが多いのですが、他にも同様な価格比較サイトは存在します。

 

例えば、先日ご紹介した、プライスチェックや

プライスチェック

 

海外のキャメルキャメルキャメルというラクダマークのサイトがあります。
キャメルキャメルキャメル

このようなサイトで、改めてチェックする方法です。

 

 

 

最近のモノレートは、システムが不安定動作することがあり、これしか使え無いというのは商売としては危険です。

 

モノレートは情報を無料で提供しています。

 

アクセス数も多く、結構な規模のシステムなので、維持は大変そうです。

 

もちろん利益を出す仕組みが裏にあるわけですが、ユーザーが金を支払っていない以上、向こうの都合でいつ消滅しても不思議ではありません。

 

少しづつ複数の価格チェックサイトに慣れておきましょう。

 

 

2)出品者の変動によって判断する。

 

モノレートのグラフで出品者の数の変動が分かります。

 

この変動が、商品が売れているかどうかの判断基準になります。

 

10人もいた出品者が3人位になっていれば、それは、売れたと想定できます。

 

ただ、出品者の変動は売れたからではなく、出品を取りやめたためという場合もあるので、僅かな変動は誤差のうちと理解したほうが良さそうです。

 

 

 

3)諦めて、別のモノをリサーチする。

 

私は個人的には、こちらを選択します。

 

リサーチはある程度の量をこなす必要があります。

 

よっぽど良さげそうなものならまだしも、なんとも判断できない商品のリサーチに手間を割くくらいなら、次の商品を探したほうがいいですね。

 

 

 

注意点2:価格が必ずしも正しくない。

 

モノレートは、最安値の価格を表示します。その価格と仕入れようとする品物が十分な価格差がなければ、儲からず仕入れられないことがあります。

 

しかし、ここに落とし穴があります。それは、、、

Amazonの価格では、商品のトップに掲載されている価格がモノレートに掲載の価格と違う。

 

例えば、こんな感じです。
価格キビシイ

 

・・・最安値は4650円です。

 

 

 

しかし、実際のAmazonの画面では、
意外に高い

 

・・・最安値は5472円です。

 

 

 

mazonのページを見て購入しようとする人の多くは、この商品トップの価格で購入判断します。

 

たとえ、その下に記載があるようなさらに安く出品されていても、このトップの価格は強い影響力があります。

 

このトップの価格を「カートボックス価格」と呼びます。

 

もし最安値では利益がでなくても、カートボックス価格が十分高くて利益が取れる場合には、仕入れられますね!

 

特に、3000円を超える商品だと、最安値とカートボックス価格の差が1000円を超えることもしばしばです。

 

仕入れの対象が2000円程度だと、この値差は仕入れの対象としては価値があります。

 

 

 

また、最安値の価格に送料が含まれていない場合もあります。

 

送料が別途請求される場合も、モノの価格として安く設定されていれば、その安い本体のみの価格がモノレートに掲載されてしまいます。

 

モノによっては、2000円といった送料が設定されていることも珍しくありません。

 

 

 

結論として、おすすめするのは

 

2000円くらいの手頃な価格で、よく売れている製品は、実際にAmazonのページでカートの価格や最安値出品者の価格を見て、判断する。

ですね。

 

 

価格チェックツール。

 

うまく使えばとてもよい道具です。

 

いずれ価格をチェックする以外の使い方をご紹介します。

 

 

 

 

朗報!今ならすぐに稼げる方法をお教えします!

 

今なら、スピーディに稼げる方法をご紹介した、無料レポート

 

 「多忙な50代サラリーマンでも、一日10分で、
10万円稼げた方法」

 

を差し上げています。

 

↓のフォームから申し込んでください。 無料レポートの詳しい内容はこちらへ

以下にメールアドレスを入力しお申し込みください

お名前(必須)  
メールアドレス(必須)

※プロバイダーアドレスでは、メールが受け取れない場合がございますので、
Yahoo、Gmail、Hotmailなどのフリーメールアドレスでの登録をお薦めいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
■プロフィール
003色付き-200

50代サラリーマン 辰夫

◆最近の副業の実績です
201507_tatu_373
▲7月実績 売上225万円。

私は、50代のサラリーマン。

50代にもなると、会社人生の先は見えています。 定年後の寂しいフトコロも予想が付きます。

そろそろ定年後の準備を。そんな方々に副業を立ち上げるお手伝いをしたい。 それがこのブログです。 さらに詳しいプロフィール

■応援おねがいします!

ランキング参加中。おもしろかったら応援ワンクリックを!

サラリーマン・お小遣い稼ぎ ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へにほんブログ村
--------------------------------

記事を検索
稼ぐ!動画チャンネル

douga_lesson_s

稼ぐためのテクニックをご紹介しています。

こちらから御覧ください。

カテゴリー
最近の投稿